トップに
戻る
理事長 小竹 直隆

理事長 ご挨拶

日頃より、当会の活動にご支援を賜り、誠に有難く、篤く御礼申し上げます。

理事長ご挨拶(2020年7月)
-お蔭さまで3周年~三つ葉のクローバー~-

 

また、改めて、「江戸城跡における歴史的建造物の復元などの整備」について、
当会の考え方を述べさせて頂きます。

持続可能な地球社会を目指し、近未来の世界遺産を目指す
特別史跡・江戸城跡における本丸御殿や天守などの
歴史的建造物の復元のあり方について
(理事長特別メッセージ)2019年5月初掲、2020年4月好日改掲

 これまでの調査等で判明したことは1657年明歴の大火で焼失した江戸城天守の復元は不可能に近いと云わざるを得ません。しかし、江戸城全体整備構想の中で本丸御殿や城門、天守などの歴史的文化的価値を活かしたまちづくりを調査・研究することにより、世界的な評価に資する歴史的建造物の復元のあり方が示される時、都市東京のシンボルになるでしょう。

 

※下線部分をクリックしていただくと、PDFにてご覧いただけます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

理事長ご挨拶(2020年4月)
-首都東京における江戸東京歴史文化まちづくりに向けて-

理事長ご挨拶(2019年11月)
-「江戸東京歴史文化回廊」で大いに議論を重ねましょう-

理事長ご挨拶(2019年7月)
江戸東京歴史文化回廊地域の多彩な活動と交流-初の本格的な学術・調査、研究(基礎調査の概要報告)-

理事長ご挨拶(2019年3月)
「歴史まちづくり法」の参画を視野に入れて、新しい江戸・東京の歴史文化まちづくりで
交流・連携しましょう!―歴史上、初の、本格的な第一次学術・調査は終わる―

理事長ご挨拶(2018年11月)
歴史上、初の、本格的な学術調査、いよいよ 始まる!

理事長ご挨拶(2018年7月)
市民が支える新しいまちづくり、歴史文化遺産の見える化と保存と活用、復元に向けて

理事長ご挨拶(2018年4月)
基本構想

理事長ご挨拶(2018年3月)
市民の夢と希望と誇りを次世代・未来に繋げていこう 世界に評価される文化遺産を目指そう!

理事長ご挨拶(2017年10月)
ビヨンド2020 江戸城天守再建から、天守と本丸御殿等の復元検討に向けて
「江戸東京歴史文化ルネッサンス ビジョン5ヵ年基本計画(案)」の策定
お礼とご報告

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――